難易度の高いソフトウェアのサービス運用をアウトソーシングするメリット

中小企業など人員に余裕がない企業では、サービスデスクに人を充てられないことでしょう。
ソフトウェアの開発業務で精一杯なこともあるはずです。

しかし、ソフトウェアを提供するのであればサポートデスクは必須とも言えるサービスです。

そのため今回は上記のような企業に向けて、サービスデスクのアウトソーシングをご紹介します。

 

 

中小企業でのソフトウェア提供はサービスデスク運営が課題

中小企業ではソフトウェアのサービスデスク運営が課題になることが多々あります。課題となる理由は様々ですが例えば以下のものが挙げられます。

・人員不足
・コスト不足
・ナレッジ不足

これらは一例ではあるものの様々なものが不足していることでサービスデスクの運営を難しくしています。結果、問い合わせはメールに限るなどタイムリーに対応できなくなるケースが見受けられます。

しかし、ソフトウェアを提供する側としては、可能な限りタイムリーに対応したいことでしょう。電話対応も出来るに越したことはありません。

 

実現したいものの課題が山積みというのが現状なのです。

 

 

サービスデスクをアウトソーシングすれば課題を解決できる

実はサービスデスクをアウトソーシングすることによって課題は簡単に解決できます。
以下ではどのようなメリットから課題が解決されるのかをご説明します。

 

人員面でのメリット


人材面での課題を解決しやすいメリットがあります。

サポートデスクをアウトソーシングする場合、アウトソーシング先で必要な人材を確保してもらえます。社内ではなかなか人材を確保できなくとも、こちらが求める人材を利用してチームを形成してもらえます。

加えてアウトソーシング先はサービスデスクのプロ企業です。
そのため、用意してもらえる人材のスキルも高いものです。サービスデスクに必要なスキルを既に有しています。

社内で人材を用意する場合、人材の確保やスキルの高い人材の育成が大きな課題です。
アウトソーシングであればこの課題を簡単に解決できます。

 

 

コスト面でのメリット


アウトソーシングを利用することでコスト面でのメリットもあります。ここでのコストとは人件費を指すと考えましょう。

社内でサービスデスクを用意するとなると社員などを割り当てなければなりません。
会社にもよるものの1ヶ月間割り当てをすると数十万円の原価がかかるでしょう。少ない問い合わせのために多くのコストがかかってしまうケースがあります。

それに対してアウトソーシングを利用すれば、1ヶ月間で10万円程度と社内の人材を用意するよりも安く済ませられます。簡単な問い合わせだけに対応するものであれば、数万円でサービスデスクの運用ができることもあります。

社内で人材を用意するよりもアウトソーシングしたほうがコスト面で有利なのは明らかです。
しかもアウトソーシングすれば高いスキルの人材に対応してもらえます。

単純なコストだけではなくスキルを加味した比較をしてもアウトソーシングには大きなメリットがあります。

 

 

スキル面でのメリット


高いスキルを身につけた人材であるというメリットもあります。
社内でサービスデスクを用意するには、対応するための人材育成が必要です。

いきなりサービスデスクの業務を任せるのは不可能でしょう。教育にコストもかかりますし身につけるスキルにも限界があります。

それに対してアウトソーシングを利用すれば、高いスキルを有した人がアサインされます。
こちらから教育をするまでもなく、最初からプロとして活躍してくれるのです。

社内で人材を育成する必要がないことはメリットです。加えて、本来は社内で整理する必要があるナレッジも溜め込み、それを共有して対応してもらえることもメリットです。

 

 

サポートに手が回らない中小企業はアウトソーシングがおすすめ

サポートにまで手が回らない中小企業は数多くあるでしょう。開発で精一杯であり、問い合わせがくると業務に支障が出ることもあるはずです。

だからといってサポートを投げ出すわけにはいきません。アウトソーシングを利用して、必要なものを提供しなければならないのです。

準備は多少必要になるものの、社内でサービスデスクを用意するよりも簡単ですので、サポートデスクはアウトソーシングを検討してみましょう。

 

 

この記事の感想をお聞かせください