熟成蔵出し茶 上撰 80g

土蔵で熟成させた茶葉を選りすぐった茶葉を伝統「焙炉式(ほいろしき)」で丹念に焙煎。期間限定の熟成蔵出し煎茶。

1,620円(税込)


■バイヤーからひとこと■

晩春から仲秋にかけて土蔵でじっくりと熟成された茶葉の中から更に選りすぐりのもののみを調合した贅沢な期間限定の煎茶。煎茶特有の爽やかさ口当たりの良さを残しつつ、熟成された茶葉が持つ香りと深みを強く感じる一杯です。ご自宅用としてはもちろんですが、ご贈答用に特に喜ばれそうです。


 

暦で5月2日に当たる八十八夜。八女市指定文化財である許斐園の土蔵で夏を越し、仲秋の季節(10月1日以降)に蔵出しされた茶葉の中でも特に仕上がりが良いものを厳選した熟成蔵出し煎茶上撰。土蔵での熟成と熟練の職人による茶葉の選定によるその年その季節の上級茶葉を秘伝の割合で調合します。

古くから秋は「口切りの茶事(茶人の正月)」にも見られるよう茶の味わいが一層深くなる季節。口切りとは茶釜の口封を切る所作のことを指します。厳選され調合された茶葉を伝統手法である「焙炉式(ほいろしき)」で丹念に焙煎し八女産の木炭の上に丈夫な八女和紙を敷いた上で茶葉を手作業で丁寧に焙煎することで、秋冬季節ならではの熟成した茶葉の味わいをそのままご堪能いただけます。煎茶特有の爽やかな風味に渋み少なく茶の甘みの奥ゆかしさを感じられる一杯は、秋冬の深まりで冷えた体を芯から温めてくれることでしょう。

この季節にだけ味わえる芳醇な香りとじっくりと熟成された茶の旨味甘みを最大限にお楽しみいただける逸品で、日本茶が好き、日本茶に強いこだわりがある、そういった方にこそ味わってほしい許斐園自慢の煎茶上撰です。ご自宅用はもちろん、ご贈答用にもお喜びいただけます。

 


生産者情報

矢部屋 許斐本家

九州最古の歴史を誇る茶商 許斐園(このみえん)。代々受け継がれる茶の伝統・文化を守りながら現代と調和した新しい茶・茶菓子を生み出し続けています。厳選した茶葉に、秘伝の合組(ブレンド)、伝統手法焙炉式焙煎で作られたお茶は間違いなく最高峰品質。