『伝承びわ茶』5包入

江戸後期に京都や大坂の街で売り歩いていた夏の風物詩「枇杷葉湯」(びわようとう)を現代に蘇らせた健康茶。タグ付きのテトラティーバッグ茶葉2.6g×5包入り。

540円(税込)


江戸後期に京都や大坂の街で人気を博していた夏の風物詩である「枇杷葉湯」(びわようとう)を現代に蘇らせた健康茶です。ノンカフェインで無香料・無着色、しかもカロリーゼロなので健康的。。熱いままでも、冷やしてでも、さらにはアレンジティーとしても楽しめる、優しく爽やかな和製ハーブブレンドティーです。

江戸時代の京都や江戸の町では、天平棒に通した箱の荷を担ぎ、独特の口上を述べながら町々を売り歩いていた枇杷葉湯売りが出現したそうです。江戸後期の天明年間には、京都烏丸でびわの葉の煎じた汁である「枇杷葉湯」(びわようとう)が売り出され親しまれていました。その後、びわ茶は江戸や大坂にも伝わり、夏の風物詩として定着するようになりました。『この「枇杷葉湯」を現代に蘇らせたい』という思いから、いくつかの文献を頼りにして「枇杷葉湯」の復刻に挑戦。「枇杷葉湯」をいつでもお好きなスタイルで楽しめるようにと出来上がったのが『伝承びわ茶』です。

1年以上の時間をかけてじっくりと成長し、葉緑素を十分に含んだびわの葉を焙煎。芳ばしい香りを持つびわ茶のほか、灌仏会(毎年4月8日に行われるお釈迦様の生誕を祝う仏教行事)でも用いられ、自然な甘みを感じられる福岡・八女産の甘茶をブレンド。さらに、ガジュツ(紫ウコンとも呼ばれる)のホンノリとしてかすかに感じられるスパイシーさ。シナモン(肉桂とも呼ばれる)の葉の、ほのかに甘くスパイシーな香り。この2つもブレンドしました。鹿児島県産と福岡県産からなる以上4つの原料を絶妙にブレンドしています。

ノンカフェインで無香料・無着色、しかもカロリーゼロなので、夏バテや夏負けのケア、熱中症の予防対策などの水分補給として最適な『伝承びわ茶』。柑橘類のスライスを浮かべた「オレンジ伝承びわ茶」や、牛乳で割って「伝承びわ茶ラテ」にしても美味しくいただけますので、くつろぎのティータイムにもどうぞ。

『伝承びわ茶5』はタグ付きのテトラティーバッグ茶葉2.6g×5包入りとなっています。


生産者情報

農業生産法人 十津川農場

『ねじめびわ茶』は、鹿児島県産びわ葉を100%使用した健康茶です。数種類の天然鉱石を積み重ねたオリジナルの活水装置に葉を浸けアクを取り、天日乾燥、綿毛除去、高温で芳ばしく焙煎。手間ひまかけた工程の特許製法でつくり上げています。