美肌づくりに大切なのは化粧品ではない!?

 

地肌を改善し、美しい素肌を目指すために大切なことは何でしょうか?「咲耶しずく」開発者の山下雅子さんによるメッセージをご紹介します。

 

美肌の秘密は化粧品ではなくて「常在菌」

皆様はお化粧をしますか?
何の為に?日焼けをしない為に?美しく見せたい為に?女性は「より美しくなりたい。いつまでも綺麗でいたい」と願っています。 本当は素肌美を求めています。

しかし、最近では素肌美どころか、隠す化粧!化粧上手になっています。 美しい肌は、宝石にも匹敵します。素肌は自分の努力や磨き方一つで輝きもすれば曇りもする宝石のようなもの。 究極の美、素肌の美しさへのお手伝いができることを願っております。

美しい美肌の秘密は化粧品ではありません。大事なのは、お肌に棲む菌(有益菌)が多くいることなんです。 肌には「皮膚常在菌」、お腹の中には「腸内常在菌」という菌が美と健康を守ってくれているのです。 「常在菌」は腸内だけで百兆個、口の中には百億個、皮膚には一兆個の菌があなたに存在しています。 身体に良い影響を与えてくれる「有益菌」。お肌の美肌を作ってくれるのが優等生の「表皮ブドウ球菌」、八方美人「アクネ菌」なのです。 ツヤピカ素肌美人の人は「表皮ブドウ球菌」がいっぱいお肌に棲んでいます。

皮脂や汗をパクパク食べて分解し、弱酸性の脂肪酸を出す。 この脂肪酸が皮脂と混ざり合って乳化し肌がしっとりとするのです(天然のクリーム)。 これが皮脂膜と言われ、PH4.5~6の弱酸性をキープし、病原菌や雑菌までブロックしてくれます。 ゴシゴシ洗い過ぎると肌はアルカリ性に傾き、「黄色ブドウ球菌」が繁殖し、ブツブツ・カサカサの肌トラブルが始まります。 また、肉中心の食事はアクネ菌が増える原因に。ストレスなどで過剰な皮脂が出ると、それが刺激となり毛穴をふさぎます。その中でアクネ菌は繁殖し、ニキビとなるのです。

 

洗い過ぎや化学物質に注意

大事なのは、肌に強いクレンジングをしないこと。洗顔で顔をゴシゴシ洗い過ぎないこと。石油の多く入ったファンデーションを使わないこと。 水、油は混ざらないので、高級クリームには水と油を取り持つために合成界面活性剤を入れられることがありますが、中には浸透剤や合成ポリマーという物質が入っていたりすると、お肌のバリア機能を作る有益菌は死んでしまいます。乾燥肌や敏感肌になってしまう原因は、化学物質の化粧品なのかもしれません。

洗顔後お肌がつっぱる、お肌がカサカサ、毛穴が気になる、いつも肌が潤っていない…。そんな方は地肌を改善しないといけません。「咲耶しずく洗顔クリーム」での洗顔後に「咲耶しずくクリーム」をたっぷり塗り、リフトアップするようにマッサージをしてください。その後、「咲耶しずくローション」を塗ってください。表皮の毛穴と毛穴の隙間を埋めてくれる役割のセラミドがたっぷりと、さらに美容液成分も入った“美容液水” この1本で大丈夫です。本来の素肌の美しさや健康を引き出す美容法、皮脂の出る育菌美容法で、10年後20年後も美しく素肌美人になれますことを心より願っています。

 

 

生産者情報

株式会社ミリック 地肌改善サポートM's Japan

息子のアトピーを完治させた経験・知見を活かして、天然鉱石シリカ(ケイ素)とミネラル細胞活性水を使った地肌改善スキンケア「咲耶(さくや)しずく」シリーズを展開。肌本来の元気を取り戻して、自分でうるおう肌づくりを目指します。