お茶はティーバッグがいい?茶葉がいい?

「日本茶を飲むなら茶葉でしょ!」

「粉砕した茶葉が舞い踊るティーバッグタイプの方が好き!」

奥ゆかしさのある日本茶ですから、その淹れ方にもこだわるひとも多いはず。日本茶には主に

①茶葉
②粉末茶葉
③ティーバッグ

の三種類があります。最もお茶の風味を楽しむために、どの淹れ方を選んだらいいのでしょうか?
この記事では日本茶を楽しむ上記3つの方法の特徴とメリット、デメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。
いつものお茶をより楽しめるようになるはずです。

 

最もお茶の風味が楽しめる茶葉タイプ

お茶本来の持つ旨味や香り、渋みを存分に味わうなら茶葉タイプが一番です。茶葉にもお茶っ葉と白折と呼ばれる茶の茎の部分が混ざっているものなどいろいろなタイプがあります。これらさまざまな茶葉の味わいをダイレクトに楽しめるのが茶葉タイプ。お茶の種類にもよりますが、基本的には50〜70度ほどの沸騰させていないお湯で楽しむのが最も風味が良いと言われています。メリットはお茶本来の味をそのまま楽しめる点。お茶の味にとことんこだわるひとにぴったりです。デメリットはお茶を淹れる際に手間がかかる点でしょう。忙しい朝に飲むには適していないかもしれません。

 

いつでもさっと飲める粉末茶葉タイプ

最もお茶の味が楽しめる茶葉タイプに対し、粉末茶葉はより手軽にお茶が楽しめる淹れ方といっていいでしょう。粉末茶葉を湯呑にさっと振り、その後お湯を入れて軽く混ぜるとあっという間にお茶が完成します。メリットはすぐにお茶が楽しめることです。デメリットとしては粉末になっているからこそ空気中の湿度などに影響を受けやすく、茶の風味が損なわれやすい点。3つあるお茶の淹れ方の中では最も気軽にお茶を楽しめますので、入門用として最適かもしれませんね。

 

気軽でお茶の味わいも楽しめるティーバッグタイプ

ティーバッグタイプは茶葉の良さと粉末茶葉の手軽さのちょうどあいだをとった立ち位置にあります。完全粉末にするわけでもなく、かといって日本茶のように急須を用意する必要もありません。許斐園で用意されているティーバッグのようにピラミッド型のティーバッグが特におすすめです。お湯を入れた際にティーバッグの中で茶葉がふんわりと舞い踊り、半粉砕茶葉全体から余すことなく香り、甘み、旨味を引き出すことが可能です。

 

ライフスタイルに合わせたお茶を選ぼう

お茶の楽しみ方もひとそれぞれ。これが正解という選択肢もありませんので、自身のライフスタイルに合わせたタイプを選択することがポイントです。中には、休日にはゆっくりと茶葉タイプのお茶をたしなんで、平日の忙しい朝はティーバッグタイプなど、上手にお茶の入れ方を変えている方もいらっしゃいます。日本茶の伝統的な文化を守りながら、現代のライフスタイルに合わせたお茶商品も多く販売されるようになってきました。あなたらしい楽しみ方で、ぜひ日本茶ライフを堪能してくださいね。

 

 

生産者情報

矢部屋 許斐本家

九州最古の歴史を誇る茶商「矢部屋 許斐園」(やべや このみほんけ)
代々受け継がれる茶の伝統・文化を守りながら現代と調和した新しい茶・茶菓子を生み出し続けています。厳選した茶葉に、秘伝の合組(ブレンド)、伝統手法焙炉式焙煎で作られたお茶は間違いなく最高峰品質です。