よく見るほうじ茶ってどんなお茶?

 

色んな場面で飲むことがある焙じ茶(ほうじちゃ)。口当たりもまろやかで苦味や渋味も少なく、お食事の際に出てくることも多いですよね。特に学生食堂や医療介護系施設で多くほうじ茶が採用されています。
なんとなく飲んでいるこのほうじ茶ですが、その実態を詳しく知っている人はそこまで多くないはず。
この記事では、日頃慣れ親しんでいる焙じ茶についてじっくりと解説していきたいと思います。お茶を楽しむヒントになれば幸いです。

 

焙じ茶っていったい何?

薄茶色をしている焙じ茶ですが、実は日本の緑茶の一種。茶葉を焙じて飲用にしたものを焙じ茶と呼びます。
もともと緑色の茶葉を赤茶色になるまでじっくりと焙煎し、焙じ茶が完成します。焙じ茶の序列は玉露、煎茶などよりも下位とされることが一般的で、麦茶のように使用されていることが多くなっています。番茶や玄米茶と同位に扱われることも多いようです。
ただし、ほうじ茶飲用の歴史が深い京都では、高級料亭などでほうじ茶が好まれて使われる文化もあり、中には上質ほうじ茶なども用意されています。安価なイメージで家庭的な印象のほうじ茶ですが、実は高級路線の商品もある奥ゆかしい伝統的なお茶なんですよ。

 

焙じ茶の種類

焙じ茶には「ほうじ茶」「京番茶」「加賀棒茶」「雁ヶ音ほうじ茶」の四種類があります。ほうじ茶、京番茶はどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、加賀棒茶、雁ヶ音ほうじ茶は聞いたことがない人がほとんどのはず。これらのお茶は別名茎茶とも呼ばれており、茶葉だけでなく茶葉の茎などをメインに構成されたお茶の事を言います。一般的な茶葉の印象とは全く異なり、芯がある茶の茎が多く見られるのが特徴です。茎茶は通常の茶葉よりも安価になっていますが、ものによっては抽出される茶の成分や芳醇な香りが茶葉よりも多くあるものも存在します。ほうじ茶が好きな方はこれらさまざまなバリエーションのほうじ茶を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

ほうじ茶の作り方

日本茶業中央会によると「ほうじ茶とは、煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したもの」と定義されています。一般的に市販されているほうじ茶は大型の焙煎器を使って製造されていることがほとんどで、自宅でもフライパンなどでほうじ茶を焙煎することができます。

 

カフェインが含まれる商品も

許斐園で発売されている水出し焙じ茶ティーバッグは鉄釜高温製法を採用しており、焙煎の過程でカフェインが昇華するため小さなお子様や妊婦さんでも安心して焙じ茶をお楽しみいただけます。しかし、一般的に市販されている焙じ茶の中にはカフェインが含まれているものも多くあるため、購入時には注意が必要です。もともと胃にもやさしい低刺激な焙じ茶ですが、小さいお子様や妊婦さんなど体に人一倍の注意が必要なひとがいる場合は購入前にカフェイン含有の有無を確認したほうがいいでしょう。

 

 

生産者情報

矢部屋 許斐本家

九州最古の歴史を誇る茶商「矢部屋 許斐本家」(やべや このみほんけ)
代々受け継がれる茶の伝統・文化を守りながら現代と調和した新しい茶・茶菓子を生み出し続けています。厳選した茶葉に、秘伝の合組(ブレンド)、伝統手法焙炉式焙煎で作られたお茶は間違いなく最高峰品質です。