茶菓子に使われる抹茶と粉末茶の違い

日本国内のみならず、世界各国でも人気の抹茶。抹茶をあしらったスイーツやお菓子など、あらゆる場所で散見されるようになってきました。
ほんのりとした奥深い甘みに適度な苦味。甘すぎるものが苦手な方でも食べやすく、お子様でも抹茶スイーツが好きな方が多くなっているようです。
さてこの抹茶ですが、どんなものが原料となっているか皆様はご存知でしょうか?この記事では、抹茶に関する豆知識をご紹介していきたいと思います。

 

抹茶と粉末茶の違い

抹茶と粉末茶。見た目ではほとんど違いがなく、どちらを並べられても一般人なら見分けがつかないはず。そもそも、抹茶ってなにを原料にしているかご存知ですか?
実は抹茶も粉末茶も日本茶に用いられる茶葉を原料にされていることは違いありません。碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶摘みまでの栽培過程で太陽光をあえて遮り、苦味成分であるカテキンの生成を抑えた茶葉を粉末にしたものを抹茶といいます。
粉末茶は、一般的に見る煎茶を粉末にしたもの。抹茶と粉末茶の違いは、そもそもの茶の栽培過程が異なるものと覚えておくといいでしょう。

 

茶菓子に使用される玉露や抹茶について

コンビニやスーパーマーケットなどにいっても抹茶の名を冠したお菓子をよく見かけるようになりました。
日本人のみならず海外の方からも人気で、その独特の風味と香り、なによりほどよい甘みが特徴的ですよね。これら茶菓子やアイスクリームなどにもよく使用される抹茶ですが、菓子用抹茶にもいろいろな種類があります。
例えば、抹茶の原料とされる碾茶でも被覆と呼ばれる茶をヨシズやワラなどで覆い被せ日光を遮って成長させたものと、日光に晒されて育った原料とでは全く味の趣が異なります。
ヨシズやワラの下で発育を促すこと独特の覆い香や渋み成分であるカテキンの生成が抑えられるために渋みが少なく甘みが覆い抹茶ができあがります。
一方、お菓子の味や風味をより強く活かしたい場合は抹茶の風味をあえて落とすために日光に晒された碾茶を原料にした抹茶を用いることもあります。

 

茶成分が含まれる量と茶菓子

一般的に市販されている茶菓子。少しでも抹茶が入れば「抹茶」という表記のもと販売が可能です。抹茶の含有量はメーカー等によってさまざまですが、許斐園のように本物志向の茶商がつくる茶菓子は一般的に販売されている抹茶菓子の数倍以上もの玉露が練り込まれています。
他の商品では決して味わえない、玉露の旨味を活かした製品となっており、焙炉式玉露せんべいも間違いなくそのひとつと言えます。
伝統本玉露をさらに伝統製法である焙炉式(ほいろしき)で丁寧に焙煎したお茶は、同じお茶でもその深みとコクが全く異なります。
伝統の焙炉式製法は熟練の職人が手作業で茶葉を焙煎する製法。
木炭の熱を八女和紙にやさしく伝導し、その和紙の上で職人が手作業で丁寧に茶を焙煎することをいいます。
焙炉式で焙煎されている最中、部屋中に濃厚な玉露の甘い香りが漂います。

 

生産者情報

矢部屋 許斐本家

九州最古の歴史を誇る茶商「矢部屋 許斐本家」(やべや このみほんけ)
代々受け継がれる茶の伝統・文化を守りながら現代と調和した新しい茶・茶菓子を生み出し続けています。厳選した茶葉に、秘伝の合組(ブレンド)、伝統手法焙炉式焙煎で作られたお茶は間違いなく最高峰品質です。