玉露の至極を味わうなら焙炉式玉露 許斐園で決まり!

日本茶が好きで普段の食卓には欠かせない存在になっている。日本茶の文化が好きで趣味で緑茶をよくたしなんでいる。そんな人に特におすすめしたいのがこの焙炉式玉露 許斐園です。他店で決して実現できない濃厚でガツンと、でも上品に広がる玉露の味わいと香りは300年以上の歴史を誇る茶商許斐園のお茶の中でも特に選りすぐりのものであると断言できます。色は少し深い黄緑色。焙炉式焙煎特有の香りであるホイロ香がうっすらと奥深く漂い、伝統本玉露の甘みとコクが一瞬で口の中を支配します。伝統を活かす許斐園だからこそできる究極の茶の深みを味わえる逸品です。

 

焙炉式玉露 許斐と焙炉式製法

使われている茶葉は伝統本玉露。茶の名産地八女市の中でも許斐園が独自に選びぬいた厳選茶葉となっており、太陽の光をあえて遮ることでアミノ酸であるテアニンがカテキンに変性されるのを防ぎ、伝統本玉露の美しい甘みと強い香りをそのまま味わうことができます。この本玉露を鉄釜で焙煎するのではなく、職人が手作業で丹念に時間をかけて焙煎します。その方法こそ商品名にも冠されている「焙炉式(ほいろしき」。八女産の木炭の上に筑後産小麦を水に溶かした塗液を塗布。破れた和紙の部分は何度も何度も継ぎ張りを行い植物渋の最高級である本玉露から出た茶渋が八女和紙をさらに頑強に育てていきます。助炭と呼ばれる熱の入れ方で、通常の鉄釜焙煎より時間も手間に大幅にかかってしまうものの、それが故の茶の風味、香りは湯を入れた瞬間に実感いただけることでしょう。

 

テアニンとカテキンとカフェイン

お茶に含まれるテアニン、カテキン、カフェイン。この3つの成分がお茶の味を左右します。アミノ酸であるテアニンは茶の旨味を、カテキンは渋みを、カフェインは苦味にそれぞれ影響し、特に焙炉式玉露 許斐園のような茶の生育から茶摘み、焙煎方法にまでこだわり尽くした玉露はその3つの成分バランスが絶妙な均整をとっています。当商品最大の特徴はお茶の強さといっても過言ではないでしょう。口に入れた瞬間、強く芳醇に広がる玉露の香りとコク。その後にほのか奥ゆかしい苦味がキリッと口の中を引き締めてくれます。茶の旨味と渋み、苦味が味の層を形成しており、飲みはじめの一杯と飲み終わりの一杯でもまた違った味わいが楽しめる許斐園を代表するお茶です。

 

至極の焙炉式玉露を是非許斐園当家で

こだわり市場より購入できるこの焙炉式玉露 許斐園。この記事をご覧頂いている方にぜひともおすすめしたいたしなみ方があります。それが、許斐園にお越しいただいての和室で焙炉式玉露 許斐園をいただくという本格的なたしなみ。要予約ではありますが、福岡県八女市近隣に伺うことがございましたらぜひこの方法で焙炉式玉露 許斐園をお楽しみください。明治38年築の中棟二階にある喫茶室にて許斐園特製の茶菓子と焙炉式玉露許斐園をいっしょにご堪能いただけます。茶の歴史が深いこのエリアの風情もいっしょにお楽しみいただけるはずです。

 

生産者情報

矢部屋 許斐本家

九州最古の歴史を誇る茶商「矢部屋 許斐本家」(やべや このみほんけ)
代々受け継がれる茶の伝統・文化を守りながら現代と調和した新しい茶・茶菓子を生み出し続けています。厳選した茶葉に、秘伝の合組(ブレンド)、伝統手法焙炉式焙煎で作られたお茶は間違いなく最高峰品質です。