使い道も種類も様々!日本ならではの「和包丁」

料理には必要不可欠な「包丁」ですが、一口に包丁といっても種類はたくさん。和洋中とジャンルによって使い分けたり、1つの料理のために特化した包丁もあるほど。一般的に、日本の包丁として知られているのは「和包丁」と呼ばれ、日本刀が原型の包丁です。今回は、和包丁の種類をご紹介していきます!

 

用途ごとに形が異なる包丁

まず、魚をさばく「刺身包丁」。刺身包丁は、関西と関東では種類が異なり、関東の刺身包丁は「蛸引き」、関西は「柳刃包丁」や「正夫」と呼ばれます。蛸引きは四角い形をしており、切っ先がありません。柳刃包丁は切っ先が尖っていて、名前の通り柳の葉のように細長い形をしています。現在では刺身包丁といえば柳刃包丁が主流といえるでしょう。

野菜を切る時に使うのは「菜切り包丁」です。刃が四角形で直線状になっており、反りがありません。キャベツの千切りをはじめとし、野菜を細切れにするときにはぴったりです。反面、お肉やお魚を切るのには向いていません。

和包丁ではなく、洋包丁になってしまいますが現在一般の家庭に浸透しているのは「三徳包丁」でしょう。三徳包丁は、お肉、野菜、魚とあらゆる食材を切ることに適した包丁です。また、菜切り包丁と牛刀の特徴を持つ「文化包丁」など、複数の用途に使える「万能包丁」は家庭に1つは揃えておきたいですね。

 

用途が限定される特殊な包丁

お寿司を切るためだけに作られた「すし切り包丁」はご存知でしょうか?巻き寿司や押し寿司を切るとき、普通の包丁で切ると中身が出てしまうことがあります。すし切り包丁なら、幅が広く薄い作りなので綺麗に形を保ったまま切ることができるのです。

また「麺切包丁」というものもあります。麺切り包丁はその名の通り蕎麦やうどんをはじめとした麺類を切ることに適した包丁。麺類は、そば粉やうどん粉を練った生地を細く切っていくため、刃渡りが長く、コの字型という特殊なフォルムをしています。

 

地域が変わると調理用具の形も変わる

上記で触れたように、刺身包丁は関西と関東で形状が異なります。うなぎをさばく「鰻包丁」でもその違いは表れます。同じ鰻包丁でも関東の「江戸サキ」に大阪の「大阪サキ」、さらには「京都サキ」という形式があります。鰻の調理方法には「腹開きと背開き」や「金串と竹串」、「蒸す、蒸さない」など、関西と関東の食文化の違いが如実に表れています。

包丁に限らず、調理器具というのは関西と関東で形が違うことがあります。例えば、厚焼き玉子を作る「玉子焼き機」は、関西は長方形で関東では正方形の形をしています。これは関西と関東では、好まれる玉子焼きの味が違うためです。関西では、だし巻き卵など、ふわふわとした食感に薄味が好まれているので、何度もひっくり返せるように、長方形型をしています。逆に、関東では味が濃く厚めのものが好まれるので、正方形型が主流とされているのです。
このような食文化の違いは、関東は武士文化が中心で関西は商いが盛んだったことも関係しています。食文化の違いを紐解けば、当時の人々の文化も見えてくるのです。

 

生産者情報

株式会社コストジャパン

高齢化社会を迎える時代に備え、毎日を健やかに過ごせるように、質の高い健康食品・化粧品の卸売・販売を行ってきました。この度、より皆様の生活の質を向上させるような製品をお届けしたく、あらゆる食材を簡単にカットできる「武包丁」を開発しました。