包丁選びの際見ておきたい素材の違いとは?

包丁は「刃」と「柄」という2つのパーツで出来ているシンプルな道具。そのため、包丁の使いやすさや耐久性に関わる「素材」は包丁を選ぶ際の重要なポイントです。「武グループ」の包丁は「ダマスカス鋼」と「モリブデン鋼」という素材で作られており、抜群の切れ味と耐久性を誇ります。こちらの記事では、包丁の刃と柄の素材をまとめました。

 

包丁の要!「刃」の素材

包丁において最も重要なパーツはやはり「刃」の部分。食材をカットする際、綺麗にカットできるかどうかは刃の強度や耐久性に関わってくるといえるでしょう。


鉄に炭素を加えた素材です。なんといっても鋭い切れ味が自慢ですが、錆びやすく、切れ味持続がしにくいというデメリットも。使用後はきちんと手入れし、定期的にお手入れをすれば長持ちしますが、一般的な家庭では扱いにくいかもしれません。
鋼はさらに白鋼と青鋼、銀三の3種類に分けられます。中でも、白鋼は最も純度が高く、しっかりと加工できればかなり鋭い切れ味となります。

ハガネ三層鋼
鋼を中心に、ステンレス鋼で挟んだ素材です。鋼特有の鋭さとステンレス特有の錆びにくさを併せ持っています。錆びにくいとはいえ、刃先は鋼でできているので慎重にお手入れすることが求められます。

セラミック
セラミックとは陶器のこと。金属製ではないので錆びることもなく、切れ味も鋭いです。しかし、硬度が高いため、一般家庭で研ぎ直しすることは難しいでしょう。また、錆びとは無縁なものの、折れたり欠けたりしやすいという特徴もあります。

ステンレス
ステンレスは鋼に比べて錆びにくく、メンテナンスがしやすい素材です。「武」シリーズはステンレス製の中でも丈夫で切れ味が鋭い「モリブデン鋼」と「ダマスカス鋼」を使用しています。

モリブデン鋼
包丁を加工する際、焼き入れを良くし、強度を高めるモリブデン。このモリブデンが含まれる鋼は、切れ味の良さと耐久性を兼ね備えています。

ダマスカス鋼
ダイヤモンドのように硬いとされる「ウーツ鋼」がルーツとされている素材。なんといっても、幾重にも重なった柄が特徴的です。現代の技術ではダマスカス鋼を完全に再現できていないのですが、武シリーズの包丁では美しい柄を可能な限り再現したデザインが楽しめます。

 

握りやすさが重要な「柄」

刃と同様、包丁のグリップ部分である「柄」も様々な素材でできています。

プラスチック口輪柄
口輪(刃に近い部分)がプラスチック、握る部分が木でできています。ホームセンターなどで手に入る、安価な包丁はプラスチック口輪柄でできていることが多いです。

朴水牛柄
口輪に水牛の角を使い、握る部分に「朴」という木材を使った包丁です。料理屋などで使用されている高価な包丁は、ほとんどこの柄でしょう。

櫟水牛柄
朴水牛柄と同じく、口輪が水牛の角でできており、握り部分には「櫟(いちい)」という気を使っています。朴水牛柄よりも耐久性が優れていることが特徴です。

黒檀柄
高級素材である「黒檀」を使用した柄です。耐久性・耐水性に優れているだけでなく、デザイン性も抜群。口輪部分も、水牛だけでなく象牙や銀といった高級素材で作られていることも。

 

生産者情報

株式会社コストジャパン

高齢化社会を迎える時代に備え、毎日を健やかに過ごせるように、質の高い健康食品・化粧品の卸売・販売を行ってきました。この度、より皆様の生活の質を向上させるような製品をお届けしたく、あらゆる食材を簡単にカットできる「武包丁」を開発しました。