調理用だけじゃない!ナイフ&包丁の種類をご紹介


古くから私たちの生活に根付く「刃物」。刃物といえば調理で使用する「包丁」が有名ですが、山岳用や文房具をはじめとし様々な用途で使用されています。そこで、こちらの記事では世界でも広く使用されている「洋包丁」と「中華包丁」について触れつつ、調理用具以外で使用されるナイフについてご紹介していきます!

 

「洋包丁」と「中華包丁」

洋包丁は、その名の通り洋風料理のための包丁です。日本には明治時代に西洋料理と一緒に持ち込まれました。

洋風料理といえば、やはり肉料理を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?そのため、洋包丁といえばお肉を解体するのに適した「牛刀」が有名です。また、フルーツをカットするのに向いた小ぶりな「ベティナイフ」などもあります。

洋包丁の特徴としては、刃が両刃で、様々な用途を兼ね備えているところが挙げられます。日本の家庭で主流な、魚・肉・野菜を一本でカットできる「三徳包丁」も洋包丁の一種です。

家庭ではあまり見慣れないものでありながら、料理の世界では広く知られている「中華包丁」。長方形で見た目だけでも重そうなそのフォルムが特徴的です。

中華包丁は、一般的な中華包丁として知られるもので、肉や野菜などを切る「薄刃」、魚や鶏を骨が付いたまま叩き切る「厚刃」、豚や鶏など、骨が硬いものを調理する「骨切り」の3種類に分けられます。

なんとなく使いづらいイメージのある中華包丁ですが「叩く、切る、潰す」といった調理を1本でこなすことができる万能道具なのです。

 

あらゆる分野で活躍する「ナイフ」

私たちが最も馴染み深いのは、やはり料理をする際に使用する「キッチンナイフ」でしょう。和包丁や洋包丁をはじめとし、食材を刻んだり剥いたりする用途で使用します。そして欧米文化に浸透しているのは「テーブルナイフ」。食事をする際に使用するテーブルナイフは、さらに「ステーキナイフ」や「バターナイフ」といった細かな用途ごとに利用されるナイフも。

キッチンナイフの次に生活に欠かせないのは「文房具用ナイフ」。現在ではカッターナイフが最も有名ですが、古くは「デスクナイフ」や「ペーパーナイフ」などが使用されていました。

現代ではあまり使いたくないものですが、やはり有名なのは武器として使う「戦闘用ナイフ」でしょう。日本においては刀剣などが戦闘用ナイフにあたります。さらに、戦闘用ナイフが発展し、遭難や有事の際に活用する道具として生み出されたのが「サバイバルナイフ」です。脱出や避難に適したものとして作られているので、ナイフそのものの耐久性が高いことでも知られています。

絵画で使用する「ペインティングナイフ」や電気工事で使用する「電工ナイフ」など、その用途はたくさん。そのデザイン性を見て楽しむための「観賞用ナイフ」も存在するほどです。

登山やキャンプで使用するのは「野外活動用ナイフ」。植物の加工や魚や動物の処理に適しています。医療ドラマでよく耳にする「メス」もナイフの一種。このように、人の命を奪うこともできれば、命を救うことにも使用できるということが分かります。全ては刃物を扱う人次第ということでしょう。

 

生産者情報

株式会社コストジャパン

高齢化社会を迎える時代に備え、毎日を健やかに過ごせるように、質の高い健康食品・化粧品の卸売・販売を行ってきました。この度、より皆様の生活の質を向上させるような製品をお届けしたく、あらゆる食材を簡単にカットできる「武包丁」を開発しました。