Game Appli Info

ゲーム業界にPlusな情報をお届けするメディア
console.log("postID: 22281");console.log("カウント: 1058");
TOP > 業界コラム > 【業界コラム】ゲーム業界からみた今のイラストの流行について

【業界コラム】ゲーム業界からみた今のイラストの流行について

2022年12月16日

画像①

あなたが昔やり込んだゲームや、今ハマっているゲーム……。

世の中に出回っている多くのゲームには2Dイラストが使用されていますが、それらはどんなタッチで描かれたイラストでしょうか?

90年代風のレトロなイラスト、実物に近いリアルなイラスト、かわいらしいデフォルメイラスト……。もちろんゲームの内容によって変わりますが、実はゲームのイラストにも流行があります。
漫画やファッションの流行りはなんとなくわかるけど……ゲームイラストの流行りって?
そう疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、今のゲームイラストの流行とその理由について解説していきます

今の流行りは?
ずばり、現在のゲーム業界では『透明感のあるイラスト』が流行っていると考えます。

淡い光で繊細に輝く瞳に、透き通る髪の毛。彩度やコントラストを抑えた爽やかで美しい色使いのイラストを、街中の広告などで多く見かけるのではないでしょうか?

新作ゲームが増え続ける今、ユーザーに選んでもらうためには一枚のイラストでゲームの面白さを伝えなければなりません。
透明感のあるイラストは、ゲームの設定や世界観、キャラクターの心情や情景を伝えることに向いているため、昨今のゲームで多く使用されています。
設定や世界観がわかりやすいイラストはユーザーに優しく、「このゲーム面白そう」「こういう世界観なのかな」と興味を持たれやすくなります。

それでは「透明感のあるイラスト」とはどのようなものを指しているのか、また透明感が生む効果について一例を挙げてみます。

こちらは「青空の下、華やかな女の子たちがパレードをしているイラスト」です。
4つの観点から、このイラストの透明感を紐解いてみましょう。

 

画像①
①環境に影響した溶け込むような光。
このイラストは、メインの光源である太陽光の黄色やオレンジの柔らかい日差し、
空の色味を反射している青色のリムライトなどの環境光が、キャラクターの服や髪に影響しています。それにより、キャラがその場所にいるような臨場感があり、透明感を生んでいるのです。

②光を感じさせるライティングにより発生する、複雑な影による透明感。
キャラクターの顔にかかった髪には影が落ちていますが、後ろの髪には影に混ざって向こう側から差し込む光(太陽光)が抜けているのが分かるでしょうか。この描写により、イラストに奥行きと透明感が出ています。

③開放感のある構図によって生まれる透明感。
画面左奥の演奏隊は、メインのキャラクターと違って霞むような白色で描かれています。空気を足すことで、透明感を演出しているんですね。

④オブジェクトの柔らかさ、温度感を感じる質感表現による透明感。
洋服の布の柔らかさや硬さ、髪、肌を比べると、質感がしっかりと塗り分けられているのがわかります。そうすることでオブジェクトの柔らかさや温度感が伝わるようになり、透明感につながっているのです。

まとめ

情景にあったライティングや色選び、質感表現、構図によって、よりそのキャラクターが世界観に溶け込んだ印象になります。
最近のゲームは世界観やキャラクターのバックボーンが練られているものが多く生み出されているため、結果的にストーリー性や情景が伝わりやすい「透明感のあるイラスト」が流行っているのです。
これらのことを考えながら、ぜひあなたのスマホに入っているゲームイラストに注目してみて下さい。より世界観に入り込めたり、新しい発見に出会えるかもしれません。

▼投稿のシェアをする▼
カテゴリー
この記事を書いた人
クリエイティブハウスポケット_ロゴ
有限会社クリエイティブハウスポケット
私たちは世界中の人たちに「夢」「感動」を届けることを目的とする、プロのイラストレーター集団です。 ゲーム、漫画、アニメーションなど、様々なジャンルで多くの人に楽しんでいただける作品を制作します。 『ポケットを叩くとアイデアが飛び出す。』 ものづくりに熱く、いつでも遊び心満載。それが、私たちクリエイティブハウスポケットです。
関連記事
  • 無料スクール
  • 人気の記事ランキング
    ※過去30日間のアクセス数
    最近の投稿
    アーカイブ

    ページトップへ

    トップへ

    Game Appli info
    ゲーム業界にPlusな情報をお届けするメディア
    運営元:
    マーケティングアソシエーション株式会社
    公式SNS youtube Facebook
    プライバシーマーク