ITサポートと呼ばれるものには様々な種類があります。
一般的に思い浮かべられることが多いものは、「IT製品のユーザー問い合わせ対応」「テクニカルサポート」です。これらが中心ではありますが、他にも製品の導入をサポートしてもらえるものや設定の変更を代行してもらえるものもあります。

これからITサポートを受けたいと考えるのであれば、依頼先がどのようなサポートを提供しているのかを正しく理解することが大切です。
依頼内容とのミスマッチが無いようにしなければなりません。
以下ではシステム選定や導入を助けてくれるITサポートについてご説明します。


ITサポートのメリットはソフトウェア導入時に感じられる

ITサポートの例としてご紹介するのはソフトウェアの導入サポートです。
有名なソフトウェアなどを購入してみたものの、どのようにセットアップすれば良いのか分からないときにサポートを受けられます。
素人ではどのようにインストールすれば良いのか分からないこともあるでしょう。
「買っただけ」にならないようなサポートをしてもらえます。

また、具体的にどのソフトウェアを導入すれば良いのか提案してもらうことも可能です。
セットアップのサポートなどを確実に受けられるソフトウェアを購入する選択肢も取れるのです。


事例から見るITサポートの活用法

ソフトウェアの導入に関してITサポートのメリットを感じられる事例をご紹介します。

事例1:勤怠管理システムの導入

勤怠管理システムの導入に関するメリットをご紹介します。
こちらのシステムは需要が高いことにも関わらず、初心者が利用するには複雑な内容(設定)が多く含まれています。

例えば以下のようなことをしなければなりません。

  • 従業員情報の登録
  • 勤務時間や休み時間の登録
  • 年休など各種休暇の登録


システムを利用するためには最低限これらの情報を登録しなければならないのですが、初心者がすべて自力で登録するのは難しいことがあります。
しかし、ITサポートを利用するとこれらの登録をサポートしてくれます。
場合によっては必要な情報をExcelなどで提出することで登録の代行もしてくれます。
自分では導入をしきれなくとも、ITサポートがマニュアルなどに沿って対応してくれるのです。

他にも導入した勤怠管理システムの設定変更をしたいときにもサポートをしてもらえます。
複雑な設定があり初心者では変更しくいものですが、ITサポートであればプロとして作業を代行してくれます。

事例2:セキュリティの強化

セキュリティ強化のためのソフトウェア導入でもメリットを感じられます。
一般的にセキュリティ強化はセキュリティ対策ソフトを導入すれば良いと考えられています。
これは間違った理解ではなく、とにかくセキュリティ対策ソフトは導入しておければある程度のトラブルを防げます。
ただ、適当にセキュリティ対策ソフトをインストールしても思うようにセキュリティが強化されないことがあります。

例えばセキュリティ対策に必要なパターンファイルが更新されないことが挙げられます。
他にも設定が不足していることも挙げられます。
これらを適切に設定しなければ、導入したセキュリティ対策ソフトも効果を発揮しきれません。
セキュリティの強化が思うように進まないのです。

しかし、ITサポートへと相談をすると設定しなければならない項目や対応を説明してもらえます。
代理で設定してもらうことも可能であり、セキュリティ対策ソフトなどを存分に活用できます。

事例3:Office365の導入

Windowsの主力ソフトウェアであるOffice365の導入でもメリットを感じられます。
こちらは今までのOffice製品とは異なり、クラウドサービスなどと連携したものです。
今まで問題なくOfficeを利用できていた人でも、新機能が増えて戸惑ってしまうような部分があります。
ITサポートがあれば何かしら戸惑ってしまった場合でも、ナレッジを貯め込んでいますのでサポートを受けられます。
Office365を専門に扱っている企業ではありませんが、ITサポートの一環で有名なソフトのサポートも受けられます。
Office365は今までとの違いに戸惑いやすいソフトウェアです。
そのような時もITサポートが疑問点を解決してくれるという事例です。


依頼したいことを吟味して適切なITサポートを選択する

ITサポートを提供する企業にも様々あることをご説明しました。
その中でも今回は「ソフトウェア選定・導入」に関する事例をご紹介しました。

ただ、人によっては「このようなサポートは必要ない」「問い合わせ代行だけして低価格にしてもらいたい」など色々な要望があることでしょう。
これが意味することは、ITサポートを依頼するとはいえども「適切なITサポート」を選択しなければならないということです。
ITサポートを依頼すれば何にでも対応してもらえると考えているかもしれません。
しかし、実際にはそういうわけではないのです。
費用とサービス内容のバランスを踏まえ、適切なITサポートを選択することが求められます。